御茶ノ水駅下車。産科、婦人科、不妊科、小児科を始め、健康診断も行なっています。

外来診療

不妊科

不妊症とは?

通常、避妊をせず、ふつうに性生活を行っている夫婦が一年で妊娠する確率は70~80%、二年で90%以上です。このため結婚後、不妊期間を除いて1年間子供が出来ない場合が不妊症と定義されています。

女性側に原因がある場合が全体の4割、男性側に原因がある場合が同じく4割、両者に原因がある場合が2割程度と考えられています。

ここでは、不妊の原因を大きく5つに分けて説明していきます。

不妊症の原因

排卵・卵巣因子卵管因子着床因子免疫因子男性因子

排卵・卵巣因子
症状 原因
間脳視床下部の働きに異常がある 無排卵や無月経になります。
脳下垂体の働きに異常がある 無排卵や、高プロラクチン血症による無月経になります。
卵巣機能に異常がある 排卵が正常におこらなかったり、黄体ホルモンが十分に分泌されない場合、受精卵の着床はおこりません。生まれつき卵巣が無い、原始卵胞が存在しない、などの先天的異常もあります。
多嚢胞性卵巣症候群 卵巣の被膜が厚くなり、その内側に沢山の小嚢胞ができ、無排卵になることがあります。
卵管因子
症状 原因
卵管が閉鎖(狭窄)している 卵子を運ぶための卵管が閉鎖し、卵子が子宮に到達することが不可能または困難になります。
卵管周囲癒着 卵管が周囲と癒着すると、卵巣から卵子を捕まえることが不可能または困難になります。
着床因子
症状 原因
子宮の形態異常 膣欠損症、重複子宮、双角子宮などのため、着床が不可能または困難になります。
子宮筋腫・子宮内膜症 子宮筋腫や子宮内膜症では、着床、胎児の発育が妨げられ、不妊の原因となることがあります。
黄体機能不全 黄体ホルモンが十分に分泌されず、着床障害がおこります。
免疫因子
症状 原因
坑精子抗体がある 精子中の物質を抗原とした抗体が女性の体の中につくられ、精子の動きを阻害したり、頸管粘液の通過を妨げたりします。
男性因子
症状 原因
正常な精子が十分得られない 乏精子症、無精子症、精子無力症など
性交、射精が出来ない ED、逆行性射精など

このページの上部に戻る


お問い合わせ
浜田病院

東京都千代田区神田駿河台2-5
【診療関係】
TEL:03-5280-1166
【健康診断関係】
TEL:03-5280-1080

外観写真

[お支払いについて]
お支払いは現金のみとなります。 クレジットカードはご利用頂けませんのでご了承下さい。