JR御茶ノ水駅徒歩2分 新御茶ノ水駅 徒歩5分 産科、不妊科、小児科を始め、人間ドック・健康診断も行っています。
LOX-index(ロックス・インデックス)検査

LOX-index(ロックス・インデックス)検査

LOX-index(ロックス・インデックス)検査

健診センターにて、「LOX-index(ロックス・インデックス)」検査を開始いたします。 LOX-index検査は、動脈硬化の進行から将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する新しい血液検査です。

 

当院では平成29年4月から予約受付を開始いたしました。この機会にぜひご検討ください。

内容・項目 料金
血液検査 脳梗塞・心筋梗塞リスク LOX-index 12,000円+税

 

※表示は2019年7月現在の料金です。料金は告知なく変更する場合がございます。

 
 

2019年8月1日より、単独検診を開始いたします。

LOX-inde検査のみでご予約が可能となりました。

コース名
脳・心筋梗塞リスク検診(LOX-index)

当日受付時間
10:00~10:30

料金
12,000円+税

その他
事前予約制です。お電話でご連絡ください。
お申込み日より1週間後から承ります。
受診資料を事前送付いたします。

予約電話番号
03-5280-1080

 

※表示は2019年7月現在の料金です。料金は告知なく変更する場合がございます。

 
 

<LOX-index(ロックス・インデックス)とは>

脳梗塞・心筋梗塞の発症危険度の予測を目的とした検査です。血液中の酸化した超悪玉コレステロール“LAB”と、それを血管の壁に取り込んで動脈硬化を進ませるタンパク質“LOX-1”という物質を測定することで、将来の脳梗塞や心筋梗塞の発症危険度を評価します。

 
 

< 動脈硬化の原因 >

動脈硬化の原因はLDLコレステロール(悪玉)ですが、その中でもサビ付いた変性LDLコレステロールが「最大の悪玉」です。変性LDLは、血管にあるLOX-1というトラップに捕まります。これが動脈硬化のはじまりです。

 

※画像をクリックすると拡大表示されます。

 
 

このような方にお勧めします

脳梗塞・心筋梗塞にはいくつかの危険因子があるとされております。特に以下の傾向のある方は動脈硬化が進んでいる可能性が高く、検査でリスクを調べてみることをおすすめします。

・肥満気味である

・高血圧、脂質異常症、糖尿病などの持病がある

・脂っこい食事や塩辛い食べ物をよく食べる

・たばこを吸っている。もしくは吸っていた

・定期的に運動をしていない

 

※画像をクリックすると拡大表示されます。

 
 

少量の採血で検査可能

検査は2ml~4ml程度の採血で行います。通常の健康診断・人間ドックに合わせて受診頂くことが可能です。

 

※但し、個人負担による検査となり、健保組合等の補助は受けられません。

 

※画像をクリックすると拡大表示されます。

 
 

報告書について

検査結果につきましては、説明レポートをお送りいたします。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

 
 

ロックスインデックスが高い方は

動脈硬化が進行していくと、脳梗塞・心筋梗塞が将来的に発症するリスクが高まっていきます。酸化変性LDL(LAB)、LOX-1の増加を促してしまう要因として、生活習慣(喫煙、過食、過度の飲酒等)、ストレス、運動不足などがあります。ロックスインデックスが高い方は、今からでも予防対策を始めましょう。

 

※ 当検査は、研究検査項目になるため診断目的で使用頂くことは出来ません。

 

※ 妊娠中、産後6カ月以内の方、風邪をひかれている方は、検査数値が高く出る可能性がございます。

 
 

< LOX-index と疾患リスク >

この検査方法は、日本人約2,500名を平均約11年間追跡調査した結果が得られたデータをもとに実施されます。

※画像をクリックすると拡大表示されます。