明るくゆとりのある浜田病院の病棟廊下
明るくゆとりのある浜田病院の病棟廊下

体外受精・胚移植

体外受精・胚移植

卵巣から経膣的に針を刺して卵を採取し、体外で受精を行い培養した後に、分割した胚を子宮に戻す治療法です。

卵管を使用しないため、卵管因子の治療として大変有効です。また、卵の入った培養皿に、直接精子を入れることが出来る為、乏精子症などの男性因子にも有効です。

原因不明の長期不妊の場合にも 妊娠の確率を高めるために体外受精を行う事もあります。成功率は30%程度で、年齢の因子にかなり大きく左右されます。生殖医学会のホームページに詳細なデータがありますのでご参考にしてください。

体外受精には検査的な意味もあります。本来見ることの出来ない受精の状態を観察することが可能であるため、精子の受精障害を発見することが出来ます(その場合、顕微受精に移行することにより妊娠を目指すことができます)。

数回にわたって良好胚の胚移植を行っても妊娠が成立しないケースでは、着床因子が考えられ、子宮の状態を良くする方法などを考えていきます。しかし、着床のメカニズムについては未だ解明されていない部分が多いと言うのが現状です。

複数の卵胞を育てるための排卵誘発剤の注射、採卵の為の注射、長期間の来院が必要となり、身体的、精神的にも負担が大きい治療法と言わざるをえません。

保険の適用では無いため、かなり高額な治療法でもあります(施設によって異なりますが、トータルで1回30~50万程度かかります)。

体外受精でしか妊娠の可能性が無いと言われた場合でも、医師、ご夫婦でよく話し合い、納得した上で治療をすすめるようにしてください。

体外受精の方法

1.クロミッド使用による誘発・採卵・胚移植

2.GnRhアンタゴニスト使用による誘発・採卵・胚移植

3.ロング法による誘発・採卵・胚移植

治療をおこなう時の同意書について

当院で体外受精・胚移植・胚凍結及び融解胚移植をご希望の方は原則的に同意書が必要です。